あなたはどのタイプ?脚のゆがみ

足元

ひざ下と股関節のO脚

O脚の中で最も多いといわれ、若い方からお年寄りまで幅広く見られるのがこの「ひざ下と股関節のO脚」です。

これは、太ももからひざ、ふくらはぎまですべて隙間がある状態です。猫背やガニ股の方に多いO脚といわれ、太ももやスネに負担がかかりやすいことから下半身太りにもつながりやすくなります。

ひざ下のO脚

「ひざ下のO脚」とは、両足を揃えて脚を閉じると太ももはくっつくけれど、ふくらはぎに隙間ができてしまう状態をいいます。ひざ下のO脚の場合は骨盤や股関節からのゆがみではなく、ひざや足首の関節やひざから足首にかけての骨がゆがむことが原因とされています。ひざ下のO脚が進行すると股関節のゆがみにつながり、典型的なO脚になることもあります。

股関節のO脚

「股関節のO脚」は、脚が開いているのではなく股関節が開いてしまっている状態をいいます。大転子という骨が骨盤より出っ張ってしまうことが原因で引き起こされるO脚です。お尻が横に広がり、下半身にボリュームが出てしまいます。脚の付根からズレが生じているため、股の隙間が長方形に空くという特徴があります。開脚などの可動率も低くなってしまいます。

XO脚

太ももやふくらはぎが離れ、ひざとくるぶしはくっつくというのが「XO脚」です。猫背の方や内またで歩く方に多いことから女性によく見られ、お尻と太ももが発達し大きくなってしまうのも特徴です。脚の外側の筋肉ばかり使われ、骨盤が開いてしまい、平たいお尻になってしまう可能性もあります。

X脚

真っすぐ立った時に太ももに隙間があり、ひざはくっついているがひざ下は開いてしまってくるぶしをくっつけることができません。股関節が内側にねじれており、O脚よりも負担や圧迫が大きいため特に注意が必要です。外反扁平足のため足元が不安定になりやすく、上半身でバランスをとるようになります。そのため上半身が太くなってしまうのです。また、靴の内側がすり減りやすいという特徴もあります。

京都市O脚矯正をお考えであれば、京都口コミサイトでも高い評価を頂いている当院にお任せ下さい。ボキボキと音を鳴らさないソフトな施術を行っております。当院のO脚矯正は、ひざだけでなく骨盤からアプローチをかけるので下半身全体のラインを見直すことができます。人気の骨盤矯正もセットになったO脚矯正で、美しいラインを手に入れましょう。

京都のやまもと整骨院がO脚矯正をサポートします!

会社名
やまもと整骨院
住所
〒615-0062 京都市右京区西院坤町105番地 レジデンス四条1階
TEL
075-315-7733
URL
http://www.yasuragi-kukan.com/